忍者ブログ
<<   2017   10   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 スティール計算機 ・twitter

コメントの書き込みはお手数ですがパス欄に「mizutani」と入力してください  
21 October 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

29 September 2012            近況 過去ログ3  |  近況  |
インデックスは最新の近況欄続きにあります
ニーズヘッグ戦 記録終了

  長らく記録しておりましたギロチンクロスとアークビショップのニーズヘッグ戦ですが、現在は定期的に通うことを止めてしまっておりますので、ここまでを持ってtwitterでのドロップ記録を終えたいと思います。

 最終的には、ペア狩りのみカウントで160戦、153勝7敗。うち15~20回程はバブルガム使用と記憶しています。ですので実質170戦ほどと考えて頂いて結構だと思います。
 結果、スキンオブシャドウドロップ数は7個となりました。単純に割るとドロップ率4%程度、巷で言われている前後の値になったのではないでしょうか。


 何度か書きましたが、我々がニーズヘッグ討伐に挑もうと思い立ったきっかけは、相方ギロチンクロスが唐突にシミュレーターにて「ニーズヘッグが1分で倒せる」と言い出したことでした。そこから「ギロチンクロスでは一部高ダメージスキルに耐えられない」「取巻きでFleeが割れる」「ならば支援で取巻きを持とう」「ダメージはキリエとSWでなんとかする」「最低限取巻きを持てるだけのレベルと装備は」といった所から固めていき、相手のスキル、使用のタイミングを知り、二人の立ち位置を考え、安定した討伐にするにはどうすればいいのか、ひとつひとつ問題を潰していく……「これぞゲームだ」と言えることを、二人でやってきました。その過程は本当に楽しいものでした。
 ニーズヘッグ実装自体はR化前のことでしたが、我々が討伐を開始したのはリニューアルから随分経ってのこと。しかし、R化前のゲフェニアダンジョンや次元の狭間に二人で通った時のような楽しさを久しぶりに感じた相手でした。

 そして既存のギロチンクロス・MEアークビショップでの討伐が安定し始めた頃、瑞谷の「もう一体作れば二回行けるじゃない」という気軽な一言から、お互いギロチンクロスとアークビショップをもう1キャラ作成。当時の目標はギロチンクロスがbase110、アークビショップがbase99でした。今はそのギロチンクロスはGv用オーラギロチンクロスに、ABはbase100の汎用支援となりました。

 ゲームの楽しさとはなんなのか。模倣からの脱却、思考、発展、達成。当然のことのはずなのに、一部のプレイヤーは忘却の彼方、あるいは元々持ってすらいなかったのか。チャットツール以上のことをしないのにそれ以上を求めるのか。色々な人がいます。誰かに染められず、我が道を行きたいものですね。


 私達は、RO内でのスタンダードとは少し違う観念を持っているプレイヤーと言えるのかもしれません。
 例えば、人には気軽に装備品を貸さない。例え気心の知れた友人にさえ装備品を貸し出す際には担保を取る。逆に借りる時には担保を渡す。よく出てくる友人黒白にさえです。少なくともそれについて今まで文句を言われたことはありません。黒白は担保についてよく「1%の疑念を晴らす為」と書いていますが、それは少し違うと思っています。信頼しているから、信頼してほしいから、信頼を崩したくないから、担保を渡す。ただそれだけです。信頼の証は何も出さないことではない、変わらないことであると思っています。

 例えば、友人の露店からアイテムを買った時にはそれをわざわざ報告したりしません。また直接アイテムをやり取りする時には値引きしてもらったり値引きしたりを基本しません。それは気心の知れた相手程です。
 単純に一般相場で売れるものを安く売る理由が信頼や親しい証拠にはならないと思っていること、お互い安く安くとすれば最終的には相場値でやりとりしても差引変わらないと思っている事、その場その場でやりとりは完結していると思っていることなどからです。
 場合によって何かを理由に安く売ったり好意でアイテムをプレゼントしたりすることもあるでしょう。しかしそれらを一切恩として「してやった」と引きずらない、すべてはその場で完結している関係であるべきだと考えています。そしてそれらは周りの友人にも理解してもらえていると思っています。

 例えば、鉄板プレイを前提にプレイスタイルを考えることはしません。好例はウィザード・ナイトペアなど。瑞谷がウィザードを作る際に、相方はプリーストを考えませんでした。呪文のように要職要職と呟く人種もいらっしゃいますが、友人らと遊びに出る際にも「何が必要」ではなく「何で遊びたいか」。出したいキャラがいるならば、そのキャラでできることを自分で探す。当たり前のことです。
 しかし世の中、というかROの中、いわゆる趣味職趣味ステータスと呼ばれるキャラを出し文字通り「何もせず棒立ち」でパーティにおんぶして貰い経験値だけを獲得するということを考える輩もいらっしゃるようで、それが必ずしも通るものとは思いません。

 もし今のRO内で「ふつう」と認識されている事が少し変われば、あるいはもっと楽しくできることが増えるのかもしれませんね。


 また長くなりました。ゲームの楽しさとは何なのか。その答えのひとつとして、ニーズヘッグ戦を記録してきました。ニーズ戦についてはソロ動画、PT動画が多く、ペアについてはごくごくたまにしか見掛けることができませんでした。我々ペアの動画、記事記録がどなたかの指標になれるのならと思い、僭越ながらもこうして書いてきた次第です。
 自分達がスゴイとか、やってやったとか、そんな風には思っていません。多少の自信は持っていますが、所詮ゲームです。気楽にやればいいではないですか。




新マップBGMタイトル一覧

sound Temp wikiに掲載されていない新マップとBGM No、タイトルについての一覧がほしくて作った
ミッドガルド連合駐屯地(mid_camp) No.126 New World Order
マヌクフィールド(man_fild01)(man_fild02)(man_fild03) No.127 Mystic Haze
スプレンディッドフィールド01(spl_fild01)(spl_fild02)(spl_fild03) No.128 Splendid Dreams
イグドラシル中心部(nyd_dun01)(nyd_dun02)ニーズヘッグの巣(1@nyd) No.129 Fireflies Heaven
ニーズヘッグの巣(2@nyd) No.130 Dread and Bold
鉱山の村マヌク(manuk) No.131 Daytime in Manuk
前衛基地スプレンディッド(splendide) No.132 March with Irish Whistle
ブラジリス(brasilis) No.133 Sunny Side of Life
ブラジリスフィールド(bra_fild01) No.134 Borborema
滝の中の洞窟(bra_dun01)滝の中の洞窟(bra_dun02) No.135 At Dusk
カミダルトンネル(dic_dun01)スカラバホール(dic_dun02) No.136 Emotion Creep
サファ族の首都エルディカスティス(dicastes01)ブルーメヴァルト(dicastes02) No.137 Dazzling Snow
カミダル山麓(dic_fild01) No.138 TeMPlatonic
レシア族の街 モーラ(mora) No.139 Sugar Cane Carnival
ビフロスト南部(bif_fild01)北部(bif_fild02) No.140 Twilight Heaven
霧の森(1@mist) No.141 Tricky Cheeky
デワタ(dewata) No.142 Arrival
デワタフィールド(dew_fild01) No.143 Mother Earth
クラカト火山(dew_dun01)イスタナ洞窟(dew_dun02) No.144 Silent Voyage
マランアイランド(malangdo) No.145 Marshmallow Waltz
星明かりの珊瑚地帯(mal_dun01) No.146 Diamond Dust
タコ洞窟(1@cash) No.147 Octopus Scramble
排水路(1@pump)排水路(2@pump) No.148 Melt Down!




たまにはスクリーンショットを添えて

ブログにスクリーンショットをアップするという習慣がないのですけどもたまーーーに撮るのでたまーーーには載せてみようかなと思い立つ
どれもこれもtwitterに一度載せたようなそうでないような

・たまにはGvでも
元旦なら人がいなかろうと二人+3PC目を引っ提げて向かった先はチュンリム
30分前くらいに掛け込んで殴り陥落、偵察だったであろう数人をEDPで落とし22時ゲット
初めての宝箱オープンに二人でキャッキャしたお正月でございました
イレギュラーにやってみただけで今後Gvに参加したいと考えているわけではありません
相方ギロチンさんはやりたいらしいですが。瑞谷はそもそも争うのが好きでないので、ギロチンさん専用ベースABでもやってフォローするかな?


・努力の人
随分前のやつですが、ワンダラーに深淵エルヴンを作るかということで勇んで拾いに行ったものです
例のごとく行く場所も決まっていないのにセコセコ武器だけ作りました なぜw
用意していた+8エルヴンに刺したんですけども、その後タイタンを作るんだとエルヴンを用意して相方ギロチンさんに叩いてもらったらなぜか+9になって帰ってきた。「どぅあーれが+9にせいゆうたあああああ+8じゃーーー!」と言おうもんなら「別にいいじゃん出来たんだから」
おかげさまでなぜかタイタン+9、深淵+8になっております。私は過剰値には拘らないので全部+8でよかったんです


・ぼったくり露店
黒白先生がビフロスト用のぼろマント売ってない売ってないと申すので仕方なしにニブルに拾いに行き出た2個をエンチャントしたら2個目で穴開いたのでそれを高値で売り付けるの図
露店名は「黒白先生専用高級ボロマント」50M也


・努力のたまもの
猫の手エンチャントを開始したのは記録によると11年11月初旬、最初は消費したサファ証を記録したりしていましたが本当に最初だけでした、記録ばっかりして来た私が記録さえしんどくなったという猫の手エンチャント。
当初の予定ではmatk2にINTが最低3、高望で最高値の5付けばいいかと思っていました。何度も<INT+1><INT+1><MATK2>を破棄し、<INT+1><INT+2><MATK2>が出た時、一応は願った値だったので、「ああもうこれで終わろう」と本当に思ったのです。
ですが基本潔癖でやると決めたら最後までやるの完璧主義瑞谷です、ここまでやっていた意地のようなものがあった。しかし「もうやめる」と宣言した手前「また破棄しちゃった!」と言うのはまるで「止める止める引退詐欺」をやっているようだなと思い、夜中のテンションでこっそり破棄。
誰にも言わず継続しようと心に決め、在庫のサファ証100枚少しを消費し達成成らず、その二日後二日分サファ証39枚を手に出来たのが<INT+3><INT+1><MATK2>
誰にも言わない期間は本当に短いものとなりました。
INT計5を出すのはとても大変なことです。INTを二回続けて出す事自体大変なこと、その上高い値が出るまで頑張るというのは本当に果てしない。二段階目は本当はINT2で終えたかったのですが、三段階目に3が来たらそれでも満足ということで1で続けた結果引き、ようやく私の猫の手エンチャントは終わりを告げました。5ヶ月ちょっと、よく頑張りました。

サファ証は5キャラ回し、狩りに必須ではなかったのでサボって空いた期間が長かったです、数えていませんが最終的には1000枚くらい行ったんじゃないでしょうか。単純に20で割るとどんだけサボったんだという。それでも移動が結構面倒なクエストを5キャラですから、よく頑張ったと思いますよ。5人分だいたい20分くらいでしたが、されている方もご存じの通りこれが案外腰が重いのです。アイテムが不足すれば用意しなければならなかったりちょっとした手間ばかり掛かるクエストですが、こうして出来た今の達成感は上々です。

使用目的はクリムゾンセットの実装で無くなっちゃったんですけどね:-P



「ビフ北宣言」

お前とビフ北通う前に
言っておきたい事がある
かなり(金銭的に)きびしい話もするが
俺の本音を聴いておけw
俺より先に(ペナって)寝てはいけない
俺より先に(ジークで)起きてもいけない
SSは上手く避けれ
いつも無属性でいろ
出来る範囲で構わないから
忘れてくれるな 常時EDPもできない男に
アクビを守れるはずなど ないってことを
お前にはお前にしか
出来ない支援もあるから
それ以外は口出しせず
ハイドして俺についてこい

お前のHPと俺のHPと
どちらも同じだ 大切にしろ
先導 追従 かしこくこなせ
たやすいはずだ ハイドすればいい
人の経験値言うな聞くな
それから つまらぬシットはするな
俺は(ホールに)浮気はしない
たぶんしないと思う
しないんじゃないかな
ま、ちょっと覚悟はしておけw
経験値は二人で 稼ぐもので
どちらかが苦労して
つくろうものではないはず
お前はギロチンの処へ
MEを捨てて来るのだから
帰る場所は無いと思え
これからビフ北がお前の狩場

アクビが育って オーラを吹いたら
俺より先に 飽きてはいけない
例えばわずか一日でもいい
俺より早く 別キャラ育成してはいけない
何もいらない ドモヴォイと手を握り
涙のしずく ふたつ以上こぼせ
お前のお陰で いいビフ北人生だったと
俺が言うから 必ず言うから
忘れてくれるな 俺の愛するアクビは
愛するアクビは 生涯お前ひとり
忘れてくれるな 俺の愛するアクビは
愛するアクビは 生涯お前ただ一人



スペシャルサンクス toshi 黒白
三人寄れば文殊の知恵
改変転載ご自由に
PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    12  11  10  8  6  29  5  26  3  23  22   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts

© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.